2019年度 基督教共助会 夏期信仰修養会について

基督教共助会、百年の時を刻む   
─主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできない─

愛にはいつわりがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。怠らず励み、霊に燃えて主に仕えなさい。希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。(ローマの信徒への手紙一二章9―12節)

1971年夏、私たちは信州美ヶ原三城ロッジで、ロマ書を主題とした修養会を持った。「ロマ書に聴く―我が生の御み言ことばへの応答」である。それから半世紀を経て、再び主題を導く聖書にロマ書を記した。ロマ書は、共助会創立者森明の祈りを覚えるに相応しいパウロの信仰の書だからである。

共助会の交わりは、神の前に独り立つ道へと友を導く事から始まる。そして、キリストの十字架によって己れの「義」が打ち砕かれ、贖われ、キリストに押し出されて結ぶ交わりである。共助会京都支部を創設した奥田成孝は、戦前版『共助』誌で、森明について次のように記している。「絶えずキリストの聖愛に対して自らを聖別された先生との交わりは、いつしか先生の姿は背後に退いて、私どもの魂の面前にはキリストの姿があざやかにならしめられつつあった」と。

森明は、その短き生の営みを、全身全霊を傾けて若き友にキリストを紹介し、キリストに捧げ尽くす事に用いた。捧げ尽くすとは、友の救いを命を懸けて神に祈り、友を愛し、友に仕える事である。

今夏、主題講演講師に、若き日よりこの交わりに生き、生かされた川田殖氏を迎える。また、2日目のシンポジウムでは、フクシマに生き、あるいはフクシマに関わり続ける友を迎える。この時代に生きる私たちが拠って立つ信仰の礎を確かめ、見つめ続けなければならない課題を分かち合うためである。

さらに四人の若き友の言葉にも耳を傾ける。時代に正面からぶつかり、耐え、時代を克服しようと模索する彼らから、学ぶ事の多きを知るからである。

共助会創立より百年の時を刻む今、全国の主に在る友に呼びかける。

神が、共助会によってこの国になさろうとしている御業を知り、その御業に与るべく、東京・府中の地で祈りを合わせようではないか。そして、この小さき群れを導かれている神に、心からの感謝を捧げようではないか。

 

2019 年度基督教共助会夏期信仰修養会案内]

主  題 「基督教共助会、百年の時を刻む」
―主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできない―

  時   2019 年7月29 日(月)午後2時(午後1時30 分受付開始)~7月31 日(水)午後1時

  所   ホテルコンチネンタル府中 東京都府中市府中町1-5-1 TEL 042-333-7111

主題講演  川田 殖(元共助会委員長 哲学者)

シンポジウム:神戸信行(前児童養護施設「青葉学園」施設長)/北川恵以子(精神科医)、荒川朋子(司会・アジア学院校長)

シンポジウム:犬飼恵理香(大井バプテスト教会附属「あけぼの幼稚園」教諭)/碓氷麻里加(日本聾話学校教員)、阿部真希子(アジア学院卒業生、看護師)/湯田大貴(セントルイス大学大学院修士2年)

会  費  23, 000 円  学生:10, 000 円

(2 泊3 日の宿泊食費・会費。但し必要な方には割引制〈20%〉もありますので、お申し出ください。)

通い一日参加(食事なし):3, 000 円 昼食1, 600 円 夕食2, 200 円

交通費 各自負担。なお遠距離その他必要な方には、参加者の自由献金によりご援助いたしますので、お申し出ください。

携帯品 聖書、讃美歌21、筆記用具、洗面具(浴衣はあります)。

定  員  50 名。

申込期間  このページ最後のお申込みフォームまたハガキ
7 月13 日(土)必着(本号のとじ込みのハガキをご利用になり、締切期日を守ってください。電話による申し込みは受け付けません)。

申込・問合せ先:鈴木幸江方 夏期信仰修養会準備委員会 TEL 045―392―9755(夜9 時まで)

注  意 
1)「共助4号」にある、申し込み用ハガキの所定欄に必ず自己紹介の文章を書いてお申し込みください。内容、書き方は自由です。参加者全員の自己紹介をプリントして会場で配布し、自己紹介時間の節約に役立てる予定です。

2)会費は会場で申し受けます。 

3)全期間参加を優先とします。

主な駅からの経路案内

*京王線/新宿駅より特急20分 府中駅北口下車徒歩3 分 

*中央線/国分寺駅よりバス10分 府中駅

 

夏季信仰修養会 お申込みフォーム

フォームに必要事項を入力の上、送信ボタンを押して下さい。
追って、担当者よりご返信いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

修養会に向けて自己紹介文(200字以内)

※共助会未会員の方のみ、以下の内容をご記入下さい

ご住所

電話番号

性別
  

所属教会名 ※もしあればお願いします。